エコネット協同組合 事業紹介

設立の経緯
2002年愛知県中小企業団体中央会の指導で、異業種交流会BIN会員による環境改善商品開発研究会を発足させ、研究会メンバーを中心にエコネット協同組合を設立しました。
趣  旨
環境に優しいLOHAS的な企業活動の啓蒙・省エネ・環境改善商品普及・講演会・共同購買活動支援・外国人研修生受け入れ事業と、環境技術移転の支援を目的としています。
特  徴
殆どの組合は同業組合ですが、当組合は異業種交流会から誕生した組合のため、異業種企業で構成されています。省エネ・環境に技術・商品を組み合わせ活用した商品開発等も行っています。
LOHAS(ロハス)支援企業集団を目指しています。


  1. 協同購買
  2. 組合員の事業に必要とする消耗品等を組合員より委託を受けて組合が購買および斡旋をする

  3. 共同宣伝
  4. 組合員の取り扱う環境関連製品の販路維持ならびに拡大を図るため、協同で宣伝する

    1. 展示会の開催、出展
    2. エコ・バーチャル展示場の常設(インターネット)
  5. 調査研究
  6. 組合員の環境関連事業に関して、組合員の要望する情報や知識を提供するため、組合が調査・研究を行い、組合員企業の環境関連事業の拡大および新規ビジネスチャンスの獲得を図る

    1. 住環境調査研究事業(新連携フォーメーション事業)
    2. 廃棄物処理法建物リサイクル法対応講習会、
      中小企業エネルギー対応情報提供講習会、
      環境管理・監査制度対応講習会 等
      研究開発交流会愛知大会(産学交流)
    3. 商品開発プロジェクト
      など
  7. 外国人研修・技能実習生の受入事業
  8. 開発途上国等の産業振興の担い手となる人材の育成に協力し、その国の経済社会の発展に寄与すると共に、受け入れ先企業の人材確保、社内活性化などを図る
    ※外国人研修・技能実習制度について
        ⇒ JITCO(財団法人 国際研修協力機構)